きびだんご-1

きびだんご

日本の有名な昔話『桃太郎』(作者不明)
このヒーローは、その誕生の仕方がとても変わっています。

あるとき、おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな大きな桃が、流れて来ました。
おじいさんと一緒に、家に持ち帰り、桃を割ってみると、なんと中から赤ん坊が!!
桃から生まれた赤ちゃんは、桃太郎と名づけられました。

やがて成長した桃太郎は、鬼が住んでいるという島「鬼ヶ島(おにがしま)」に鬼退治に向かいます。
そして、旅の途中で出会った犬、サル、キジ(鳥)に「きびだんご」をあげて仲良くなり、人々を苦しめている鬼を一緒に退治する物語です。

岡山駅前にある桃太郎像
岡山駅前にある桃太郎像

そんな桃太郎のゆかりの地であるといわれている岡山県
物語の中に登場する、「きびだんご」が、岡山県の名産品になっています。
「きびだんご」で、犬、サル、キジを仲間にしたというのですから、どれだけ美味しいのかと興味そそられますね 😀

「きびだんご」はもち米に砂糖、水飴を入れて練り上げ風味付けに、イネ科の植物であるキビを加え、練って丸めた和菓子です。

きびだんご2

 

岡山のお土産さんにあるたくさんの「きびだんご」の中で、一番のお勧めは160年和菓子を作り続けている老舗、廣榮堂(こうえいどう)。

こちらの「きびだんご」はリーズナブルな上にパッケージもかわいい。
それもそのはず、有名な絵本作家、五味太郎さんのデザインなのです。
一つ一つ包装になった「きびだんご」が入っていて、一口サイズで食べやすいのが特徴です。

パッケージ

そして、一番のお勧めポイントは創業以来、変えることなく守り続ける本物の味です。
とてもやわらかくて、モチモチして美味しい上に今の時代に合わせていろんな味のバリエーションを楽しむことができます。

 

【元祖きびだんご】

スタンダードで創業以来、変えることなく守り続ける本物の味。ついつい手が伸びて食べてしまうほど癖になる一品。

元祖きびだんご

 

【黒糖きびだんご】

カルシウム、鉄分、ミネラルが豊富にある甘い砂糖『黒糖』を使用した「きびだんご」。味は甘くてコクがあり、飽きない甘さで疲れたときなどはとてもお勧め。

黒糖きびだんご

 

【海塩入りきびだんご】

伊豆大島産の自然海塩を使用した「きびだんご」。甘いものが苦手な人も好きな人も取り合いして食べるほど美味しいのでお土産としてとても喜ばれます。

海塩入りきびだんご

 

また、上記三つをセットにした『元祖きびだんご3種セット』もありますよ。

きびだんご3種セット

 

あなたも桃太郎のように
仲間や家族と一緒に「きびだんご」をみんなでシェアして食べてみませんか?

 

岡山県の観光案内は、タイ語でも案内されてますよ!
https://www.okayama-japan.jp/th/

岡山県 倉敷春宵あかり(3月)
岡山県 倉敷春宵あかり(3月)

 

※下記参考価格は、「きびだんご」10ヶ入りの場合

種別: お菓子
価格(約): 500円 前後
販売場所: お土産屋

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

five × four =