gyutan

仙台の牛タン

宮城県の食べ物は美味しいものばかりですが、中でも大人気なのが仙台市の『牛タン』です。

ところでなぜ、宮城県仙台市の牛タンは有名なのでしょうか?

元々、牛タンを食べる文化が無かった日本でしたが、仙台の焼き鳥店「太助」店主・佐野啓四郎(さのけいしろう)氏が、牛タン焼きの専門店を開業してから広まったとされているからです。
第二次世界大戦後の食糧難の時代に、駐留していたアメリカ軍が消費した牛肉の残ったタン(舌)とテール(しっぽ)を有効利用したという話です。
アメリカ人も牛タンを食べる文化が無かったんですね~

1

牛タンは日本全国様々なものがありますが、仙台の牛タンが他と違うのは『厚み』です。
分厚く、ふっくらしています。
その厚みが食べやすいように切れ込みを入れているお店もあるほどです。

【定食】

牛タンの定番の食べ方は、なんといっても焼いて定食にする『牛タン焼き定食』でしょう。
焼き方は炭火焼きが人気が高く、その効果で香ばしく柔らかく仕上がります。

味つけは塩味、お店独自のたれ味、そして仙台味噌を使った味噌漬けがあります。
焼いた牛タンには白菜や青菜やきゅうりの漬物が添えてあります。

ご飯は宮城県でとれたブランド米に麦を混ぜた『麦めし』が定番。
麦めしは『とろろ』(山芋をすりおろしたもの)をご飯の上にかけて食べると良く合うので、セットで出されることが多いです。

そしてスープは同じように牛タンを使った『テールスープ』が定番です。
テールスープは牛のしっぽの部分からダシをとった、濃厚で独特の香りとコクのある
透明なスープです。県内産のネギの千切りを具材にするのが定番です。
初めての宮城旅行であればこちらが一番のおすすめです。

2

 

【タンシチュー】

分厚いタンをデミグラスソースとコトコト煮込んだ濃厚な味わいのシチューです。
洋風で食べやすく、ランチメニューでは女性に人気のお手軽なメニューです。
コクのあるテールスープや野菜からとった濃厚なソースはその店渾身の一品といえるでしょう。
見た目も香りも違います。ぜひ楽しんで食べてみて下さい。

3

 

【ゆでタン】

ツウな一品といえばこちら、極厚のタンを使用したゆでタンです。
焼いたタンよりも油が適度に落ち、さっぱりした味わいです。
わさびを添えている店もあり、厚い肉でも爽やかな口当たりで味わえる面白いメニューです。
一品料理としておいている店が多く、定食というよりもサブメニューとして注文してみると良いでしょう。

4

 

牛タンは仙台の代名詞になっているほど、有名で愛されている食べ物です。
焼肉とは違った高級で独特で旨みの深い牛タンをぜひ試してみて下さい。

宮城県の中心部である仙台駅の周りには、牛タン料理専門店がたくさんあります。
こんなに牛タン料理専門店がたくさんあるのは、仙台ならではですね。

仙台駅から歩いて行ける有名店

6
Source:http://www.dategyu.jp

5
Source:http://www.rikyu-gyutan.co.jp

種別: 食品
価格(約): 1200円 前後
販売場所: 駅周辺や観光地の専門店

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 4 =