kaisendon

石川県金沢市 海鮮丼

日本海に面した石川県では、海の幸が昔から豊富に採れることで有名です。
たくさんの魚介類が水揚げされる金沢港には、新鮮な海の幸が1年中集まります。地元の住人に愛され、全国からファンが集まる石川県の海鮮丼は、地域が丸ごとつまったみんな大好きなお料理です。

石川県の食文化

石川県は江戸時代、お殿様がいてお城があり、その城下町でした。その影響もあり、お殿様に献上されるたくさんの美味しい食文化や豪華な漆器の椀を作る文化が現在も続いています。
その中でも地元で捕れた食材を新鮮なうちに食べる贅沢がこの海鮮丼に結びついています。

kanazawa
江戸時代の町並みが残る金沢の街

日本海の独特の魚たち

日本では太平洋の海産物がクローズアップされやすいですが、日本海の海鮮も負けてはいません。
1本なのに到底食べきれないような大きい足のタコや、地元産のエビや岩ガキ、日本一と言われるカニ、太平洋側ではあまり見られないような色の濃い魚たちが市場を彩ります。
観光客の中には物珍しい鮮やかな魚たちに思わず驚きの声をあげてしまうことも。

海鮮丼はどんな料理?

海鮮丼は、一見シンプルな料理です。炊いたご飯に魚やエビを盛りつけたもの。日本全国のお寿司やさん等で食べることが出来ます。
しかし、金沢の海鮮丼が特別な人気があるのは、それに使われるお米も海鮮もお醤油に到るまで、全て石川県で採れたもので出来ているからです。
もっと言うと、どんぶりやお箸などの漆器類まで石川県で作っています!これは言うことなく石川県の文化と歴史が詰まった深い深い料理なのです。
県民にも愛され、県民が誇れる料理、そのひとつがこのシンプルな海鮮丼です。お土産には絶対にできない、その場でしか味わえない贅沢な一品です。

お米にもこだわる

石川県やお隣の新潟県のお米は日本のお米の中でも特に人気で品質も最高と言われています。
日本の中でも特にこの地方のお米は、米の味にうるさい日本人もうなるおいしさです。
その中でも石川県のお米「ミルキークイーン」は、香り、粘り、味の三拍子揃っていると大変な人気があります。
そのお米をふっくら香り良く炊き上げ、その上に乗せた海の幸は、この地域を丸ごと食べていると言っても良いかもしれません。

地元住人にも愛される近江町市場

1市場内

金沢市に来たらまず近江町(おうみちょう)市場と言われるくらい、地元にも観光客にも大人気の海鮮市場です。290年の歴史がある市場で、魚市場がその原型です。
最近東京駅から新幹線が開通し、ますます人気の金沢駅ですが、駅からは歩いて15分ほど。バスに乗っても5分程度で到着します。

海鮮丼屋さん紹介

近江町市場にはたくさんの海鮮丼屋さんがあります。
特に人気のお店を紹介します。

海鮮どん屋

2どん屋

店主の父親が栽培している自慢のお米と店主選りすぐりの豊富な海鮮を盛りつけた、贅沢な海鮮丼が人気です。
金沢名物の料理やお酒もいただけます。テレビにも何度か出ており、日本中からファンが訪れます。
定番メニューが大変多くいつ行っても飽きないお店です。出汁(だし)で割ったオリジナルのお醤油で頂きます。

近江町食堂

3近江町食堂

海鮮丼の老舗といえばここ。
市場と共に歩んできた1930年創業の歴史あるお店です。
当時は市の職員が利用する食堂だっただけに、メニューは100種類以上!
そして価格も良心的。店内も広く、数人で利用しやすいお店です。

こてつ

4こてつ

海鮮丼専門店です。
本格海鮮丼は、見た目も美しい盛りつけで、散らした金箔が豪華で高級感があります。
自家製の割り出し醤油をかけていただきます。カウンター8席のみの静かなお店です。

金沢市へ旅行に行った際はぜひ味わってみて下さい!

種別: 食品
価格(約): 2300円 前後
販売場所: 金沢駅内や近江町市場内の海鮮丼専門店

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + fourteen =