Top-2

東京 浅草を着物で散策

東京の観光名所の定番といえば、雷門でお馴染みの浅草「浅草寺」ですね。

kaminarimon

人気のスポットとあって、平日昼間でも大変な賑わいです。
そして、人ごみの中にチラホラと着物姿の人を見かけます。

kimonosugata

浅草寺の近くには、着物のレンタルショップがいくつかあり、そうしたショップを利用している観光客の方が多いようです。

今回は、甥っ子・姪っ子のお祝いもあり、着物レンタルショップ「浅草七変化」様にて、

「着物で浅草散策」を体験してみました!

まずは、レンタルの予約が必要です。今回、数日前に予約しました。(なるべく早めの予約の方が間違い無いでしょう)

ホームページは、コチラ
http://www.asakusa-7henge.com/plan/

ホームページに英語有り。お店には英語で対応出来るスタッフの方もいらっしゃいます。

定番プランは、
「1DAY レンタル」 ¥3,000 (+ ¥300の足袋購入)
ですね!

gaikan

bug

 

着物が始めての人は、自分で着る事はまず無理です😅
このお店は着付けサービス込みなので、安心です。

履物や手提げ(バッグ)等もレンタルセットに含まれていて、着物に似合うような髪形にセットしてくれるサービスも、格安で対応されています。

 

子供・男性は1階で、女性は2階で着物に着替えて、出発!

お店の目の前が、浅草寺の境内なので、すぐに散歩に出ることが出来ます。

散策の間、着替え等の荷物は預かって頂けました(旅行カバンとか大きな荷物は無理なので、なるべく手ぶらに近い格好でお店まで行きましょう!)

kigae-2

mei2

odekake

sensouji

sannin

niou

浅草寺境内や、仲見世通りを散策していると、自分が着物姿だということを忘れてしまいそうになりますが、あまりにも着物姿がハマり過ぎてると、見知らぬ観光客に写真をたくさん撮られるので、ご注意!555☺

どうも外国人観光客は、着物姿の人は、みんな日本人だと思っているようですね!😅

OH! KIMONO!!

oh

まぁ仕方無い😁 僕も良く間違えるし・・・😂

samurai

ichou

nakamise

mei

子供の着物姿は、特に珍しいようで、写真を撮ってもいいかと声かけられることもしばしば。

今回の子供用着物は、リサイクル着物を購入したものです。
レンタル費用とそんなに大きく変わらない費用で買うことが出来ました。

oi-mei

risaikuru

 

着物は新品で買うと高いですが、今回のお店では中古の着物を手頃な値段で販売されています。

気に入った着物があったら、お土産に購入するのも良いですね!

 

着物姿も境内のあちこちで写真に収め、十分に散策を楽しんだら16:30迄には、お店に戻りましょう!

今回の浅草着物散策。家族みんなで大変楽しかったです😄

体験してみて思ったことは、普通の街中や部屋の中での着物姿よりも、浅草寺や仲見世通りをバックにした着物姿の方が、とても似合うということですね!まさに日本という感じの写真が撮れます。
ぜひ体験してみて下さい!

それから、夕方暗くなるほど、ボケた写真になりがち(スマートフォンのカメラは特に)なので、良い写真をたくさん撮りたい方は、早めに出かけた方が良いと思いました。

stuff

今回お世話になった「浅草七変化」様、とても親切でプロフェッショナルなスタッフの方々でした。

ありがとうございました!😄

浅草七変化

※ 6月~9月の夏のシーズンは、夏用の着物「浴衣」をレンタルされているそうです。

ホームページアドレス: http://www.asakusa-7henge.com

インスタグラム: https://www.instagram.com/asakusa7henge/
(たくさんの着物写真が見れますよ!)

東京都台東区浅草2-29-21
・東武伊勢崎線 浅草駅より 徒歩10分
・つくばエクスプレス 浅草駅より 徒歩5分
・東京メトロ 浅草駅より 徒歩8分

東京都台東区浅草2-29-21

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 2 =