jagapo-tumb

じゃがポックル

最近北海道で人気のおみやげと言えば「じゃがポックル」です。

カルビー北海道工場のみで生産されている、北海道限定のおみやげで、「じゃがいも」と「コロポックル(伝説の妖精の名前)」がネーミングの由来です。

人気の理由は何より「美味しさ」にあります。

お土産としてもらった方がファンになり、その美味しさが口コミで広まり、一時はあまりの人気でどこのお店に行っても品薄状態でした。

今では空港やお土産屋さんで確実に買うことが出来ます。

jagapo

美味しさの理由は、フライドポテトをそのままお菓子にしたような、サクサクとした食感と程よい塩加減のマイルドな味わいにあります。

原料も徹底しており、使っているじゃがいもは100%北海道産、塩はオホーツク海の焼き塩を使用。とことん北海道にこだわっています。

しかも、生のじゃがいもをそのままカットし揚げているので、じゃがいもの甘さがギュッと詰まっているんです。

jagapo2

おやつとしてはもちろんですが、塩味がお酒にもよく合うので、北海道のサッポロビールのお供に食べるのもオススメ。子供から大人まで喜んでもらえるので、はずさないお土産というのも人気の理由のようです。

また、小分けになっていて配りやすいということで、大量に買っていく人も多いです。

そしてその人気はとどまるところを知らず、今ではお菓子だけでなく、携帯ストラップやキーホルダー等のグッズも販売されています。

jagapo-gods

jagapo-key

じゃがポックルの類似品で「じゃがビー」というお菓子もありますので間違えないように注意してくださいね。(「じゃがビー」は日本中のスーパーやコンビニで売られています。)

更に興味があれば、カルビー北海道工場にも行ってみてはいかがでしょうか。
2名以上で工場見学をさせてくれます。予約が必要になりますので、詳しくはカルビーのホームページで確認してくださいね。
(日本語)https://www.calbee.co.jp/factory/chitose/

白い恋人もそうですが「じゃがポックル」も、北海道以外の地域で売られていません。

情報では、北海道以外の国際線空港の搭乗者用売店で、売られていることもあると聞きましたが、確実かどうか分かりません。

もし北海道以外の空港で見つけたらラッキーですね!

jagapo-uriba

※ 下記は、18g × 10袋入りの参考価格です。

種別: お菓子
価格(約): 890円 前後
販売場所: お土産屋

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 2 =