1297-9

ジョジョフェス2017

ジョジョフェスとは?

少年ジャンプに1987年から掲載されているマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」にちなんだイベントが宮城県仙台市で開催されました。
「ジョジョの奇妙な冒険」は日本のみならず海外でも大変人気のマンガです。

なぜ宮城県仙台市なのか?

その理由は作者の荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)氏の生まれ故郷であり、「ジョジョの奇妙な冒険」第4部や第8部で舞台となっている杜王町(もりおうちょう)のモデルにもなっているのが仙台市だからです。
仙台市の特産品である牛タン焼きも「牛たんみそづけ」としてマンガの中に登場しています🤗

1208

ジョジョフェスは仙台市も協賛しており、仙台市中心部は仙台市がマンガの舞台、杜王町になってしまっているかのような盛り上がりを見せています。
町中にジョジョの奇妙な世界が散りばめられており、その盛り上がりから世代を超えた人気をうかがわせています。

普段静かな市役所が「ようこそ杜王町へ」と幕を掲げていることに驚きます。本当に杜王町だと思ってしまう人もいそうなくらい、まず市が本気でジョジョフェスを盛り上げているのです。

1270

ジョジョフェスのここが見どころ

こちらはローソンのようですが・・・良くと見ると「OWSON」に!これはジョジョの奇妙な冒険第4部に登場するコンビニがこの名前であり、ローソンをもじって描かれた店をローソン自信が再現したというお店。
支店名も「S市杜王町店」となっています。マンガの中に入ってしまった感覚が味わえます!

入り口にはジョジョ展のポスターが貼られていました。
普段はローソン柳町通店です。
ちなみに右隣に「振り返ってはいけない坂」はありません😉

1165

そして街にはジョジョフェス限定デザインのマンホールが出現!

1394

1289

1202

 

1166

1281

1288

 

1247

1231

それぞれがキャラクターとそのスタンドのデザインとなっており、ファンは町中を捜索するように歩いて回ります。

 

 

そしてこのようにマンホールを見つけると写真を撮るという場面が街のあちらこちらで見られました。

1248

1393

1314

仙台市中心部のアーケード街では、「ようこそ杜王町へ」という横断幕やバナーフラッグが掲げられており、柱には等身大のキャラクターが描かれています。ここも人気の撮影スポットとなっています。

1298

1299

若者に人気のファッションビル「仙台フォーラス」ではイベントフロアでジョジョカフェを開催しています。そのため入り口から趣向を凝らした展示が行われています。
今回の映画の主人公である東方仗助(ひがしかた じょうすけ)の等身大像もありました。

 

1301

ここフォーラスにはジョジョフェスとコラボしたフロアガイドが置かれています。これはジョジョファンにはたまらない期間限定のガイドとなっており、求める人で溢れていました。

1297

フォーラスの外壁には巨大看板が期間限定で掲げられており、Twitter等でもアップする人が多く人気を呼んでいます。
特に左のイラストはジョジョフェスと第4部を良く表しているものとして特に人気があります。

1245

そして一番の目玉はこのジョジョ展です。仙台メディアテークで開催されました。
ジョジョ展は「ジョジョの奇妙な冒険」の原画展であり、まるでマンガの世界に迷い込んだような楽しい展示となっています。
特に巨大な単行本がドンと置かれた展示の前では、自分がマンガ本の中に登場するキャラクターになったかのような写真が撮れるとあって大変な人気です。

 

これまでのカラー原画メインの展示とは違って今年はモノクロの原画が多く並ぶ内容となりました。
前半と後半で展示内容が全て入れ替わるため、何度も足を運ぶファンが多く見られました。
平日でも入場のための行列が毎日のようにできていました。

 

第4部「ダイヤモンドは砕けない」と「ジョジョリオン」をメインに開催されているジョジョフェスですが、特に「ジョジョリオン」は震災後のS市杜王町を舞台としています。
この原画展が初めて開催されたのはジョジョリオンの舞台と同じく「東日本大震災」後の2012年でした。
「震災後の仙台市を何とか元気にして欲しい」という仙台市副市長の打診を荒木飛呂彦氏が受けての実現だったことから、この二つが今年も原画展のメインとなっています。

1255

ジョジョ展会場の周辺で移動販売されているのが、このジョジョフェス限定のお菓子やグッズです。
この移動販売店の名前は「トラットリア・トラサルディー」。
あの第4部に登場するトニオ・トラサルディーがオーナーシェフを務めるイタリア料理店トラサルディーを再現しています。

トニオ・トラサルディーは物語中わずか4話にしか登場せず、戦闘もなかったため地味キャラではありますが、根強い人気がこのような形となって再現されました。

杜王町名物「杜王の水」は限定商品のためすぐに売り切れたようです。

ジョジョフェス公式ガイドがこちら

00000238
00000237

【イベント詳細】

  • 開催期間:2017年8月12日~9月10日
  • 入場料:ジョジョ展 大人1800円高校生以下¥1000
  • ファッションビルやデパート、街中のイベントスポットは入場無料
  • 公式ホームページ (日本語) http://jojofes.com/

 

次回開催は?

まだ開催決定されていませんが、2016年も開催されましたので2018年も開催されるのでは?との声もあります。
仙台市はジョジョフェスの開催に対して前向きであり、街をあげて盛り上げているところから、来年の開催も期待されています。

来年の開催もぜひ、期待しましょう!

You may also like...

Bookmark-JAPAN News

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen + 5 =